CSVアフィリエイト研究所TOP > グローバルキャッシュ

グローバルキャッシュとは

グローバルキャッシュは、アメリカではなく、オランダに拠点を置くアダルトアフィリエイトのASPで、古くから運営はされていますが、CSVデータが提供されるようになったのは、2014年3月13日からです。

どうして詳しい日にちまで知っているのかというと、私が担当者の方にお願いして作っていただいたからです。

グローバルキャッシュはオランダにある法人ですが、日本に銀行口座があるようで、振込みは外国送金ではなく、日本円で振り込まれてきます。

振込手数料も1000円なので、外国送金で振り込まれるDTIやSBS、TMPと違って、入金にかかる手数料はかなり安いです。

CSVデータの特徴

グローバルキャッシュのCSVデータの特徴としては、URLアドレスにアフィリエイトID入り、直リンク画像あり、文字コードがUTF-8、形式はタブ区切りとなっています。

グローバルキャッシュはタブ区切りのCSVデータということで、CSVカッターで利用する場合には、一般的なカンマ区切り+ダブルクォート囲みに変換しないといけません。

グローバルキャッシュからダウンロードしたCSVデータは、OpenOffice.orgのCalcで読み込んだ際に、文字列をUnicode(UTF-8)に変更し、区切りのオプションではタブを選択して、OKボタンをクリックしてください。

これでデータは正常に読み込めるわけですが、このままではCSVカッターでは利用できませんので、データを保存する際に、CSVデータのダブルクォートを補完する方法で保存するようにしてください。

これで、文字列もShift_JIS(厳密にはWindows-982)になり、一般的なカンマ区切り+全内容ダブルクォート囲みとして保存されます。

CSVデータの注意点として、直リンク画像に無修正が含まれている可能性がありますので、一つ一つ画像を確認してからサイトを公開するようにしてください。

グローバルキャッシュの注意点

グローバルキャッシュの注意点としては、DTIアフィリエイトやSBSアフィリエイトと同じように、日本のレンタルサーバは使わずに、海外のアダルト可能なレンタルサーバーを使いましょうということです。

詳しくは、海外アダルトアフィリエイトを利用する上での注意点を参考にしてみてください。